さくらの杜について

都心に近い、緑ゆたかな環境の中で 一人ひとりの暮らし方を尊重した心地よいケアをめざしています。

さくらの杜は、全室個室・ユニットケアの新型特養です

桐和会グループ さくらの杜は「ユニットケア」と呼ばれる、一人ひとりの個性と生活リズムを尊重した「個別ケア」という介護ケアコンセプトをもつ新時代の特別養護老人ホームです。 お部屋は全室個室で、10部屋ごとにリビングなど各ユニット専用 の各種設備を備えています。 ここでの暮らしを家庭生活の延長としてとらえ、アットホームな雰 囲気のなかで、専門性の高いケアをおこなえることが特長です。 やさしい心と笑顔あふれるスタッフはご入居者の日常生活をしっか りと守り、それぞれの暮らし方を尊重しながら、まごころを込めて お世話いたします。 ご家族には、安心と信頼を提供させていただきます。

特 養とは?

「特養」とは特別養護老人ホームの略称で、厚生労働省が定める 老人福祉法に基づき運営されている老人福祉施設のひとつです。

運営主体は社会福祉法人に限定されており、介護保険制度の下、 全国の都道府県知事の許認可を得て運営されることから“許認可・ 老人ホーム”と位置づけられています。

一方、有料老人ホームは、同じく厚生労働省が定める老人福祉法 に基づいて高齢者にさまざまな日常生活サービスや介護ケアを提供 していますが、運営は事業主であり、社会福祉法人とは異なりま す。

更に詳しく

ユ ニットケアとは?

「ユニットケア」とは、入居(所)者一人ひとりの個性と生活リ ズムに合わせた「個別ケア」をすることで、それぞれの自立を尊重 しようという考えのもとで生まれた介護ケアの新コンセプトです。
そもそもは長寿社会先進国であり福祉国家としても知られているス ウェーデン方式に由来する介護ケアスタイルで、日本では「ユニッ トケア=新型特養」と称されるように、新たに設立された特別養護 老人ホームなどで採り入れられています。

少人数グループ(10人以下)をひとつの生活単位(ユニット) として区分けして、1ユニットごとに専用の居住空間と専任の職員 を配置することにより、大規模(多数床)施設でありながら、小規 模生活単位の家庭的な雰囲気のなかできめ細やかな介護ケアを行な うことができます。

個人の生活スタイルを尊重するために、お部屋は全室個室でプラ イバシーが確保されています。個室の先にはコミュニケーションの 場でもある専用のリビングスペースがつくられているため、少人数 であっても他者とのかかわりが断たれることがありません。

食事や入浴、施設内の各種催しなどもユニットごとに行なわれる ことがあります。入所者とスタッフがユニットごとに生活を共にす ることで、従来型の集団的介護ケアとは異なる、個別対応型の介護 ケアが可能となります。

更に詳しく

ショー トステイとは?

ショートステイ(短期入所生活介護)とは、要介護者が施設に期 間限定で短期間入所し、日常生活のお世話や機能訓練などを受ける ことのできる介護サービスです。
基本的に、医療的なサービスを受けることはできません。

更に詳しく

自 立支援ケアへの取組み

さくらの杜では、ご入居者の皆さまが健やかに自立した生活がで きるように、
全施設をあげて、自立支援ケアに積極的にとりくんでおります。

更に 詳しく

さ くらの杜の介護理念

つ ねに「ご本人さま本位」のケアを心がけ実践させていただきます。

つ ねに「やさしい心」と「笑顔」でケアをさせていただきます。

つ ねに「ありがとう」と「感謝の気持ち」でケアをさせていただきま す。

桐和会グループは医療法人社団桐和会を筆頭に現在、東京都と埼玉県に 2つの病院、20余の診療所、グループホーム、デイケア、訪問医療・ 看護・病児保育室、老健、保育園、そして特別養護老人ホーム「さくら の杜」等を多数運営しております。 人々の暮らしを守る柱の一つに医療・介護ケアの充実を位置づけ、ご利 用者本位の地域に根ざした医療と介護ケアサービスの提供に真摯に取り 組んでおります。 桐和会グループは「あんしんとまごころ」をスローガンに、人にやさしい医療、真に頼れる医療・介護ケアの実践をめざし取り組んでおります。

認知症専門病院「川口さくら病院」と連携

医療サポートも万全 「より安心」を提供いたします

医療法人社団桐和会 川口さくら病院は認知症専門の「医療」と「介護ケア」を両立させた国内有数の病院としてメディアでも数多く紹介されています。

認知症をめぐっては、ご家族が常時目を離せないなど介護されるご家族の 重い負担や、適切な治療・療養ができる医療・社会環境整備がいまだ充分で ないなど、さまざまな課題が顕在化しております。
長寿時代、高齢時代が加速するなか、認知症は今後、一層の増加・拡大が予 想されており、認知症専門医・施設の果たす役割はさらに重要なものとなり つつあります。

桐和会グループ さくらの杜は、川口さくら病院と密に連携しており、医療面でのサポートも万全です。

川口さくら病院

診療科目 精神科(認知症専 門)/ 内科
ベット数
 特定入院基本料 (認知症治療病棟1 / 医療保険) 120床
一般床(医療保険) 50床
  認知症疾患型(Ⅱ型 / 介護保険) 120床
重度認知症デイケア 定員 25名

さくらの杜には一年中、さくらの花が咲いています。

広い敷地にはさまざまな種類の桜の木が植えられ、すくすくと成長中で す

日本列島の桜前線はおおよそ1月から初夏にかけて春を告げに沖縄から北海道へ と北上しますが、桐和会グループ さくらの杜には、四季折々に花を咲かせる何 種類もの桜の木があります。 カンヒザクラ(寒緋桜)、ヒガンザクラ(彼岸桜)、ソメイヨシノ(染井吉 野)、そして春以外に咲く十月桜や四季桜、冬桜…。 私たちが新しい特養をつくるにあたって、まず考えたことは、 ご入居者の心が弾むような「桜の花でいっぱいの館をつくろう」ということでし た。 創設時に、まごころを込めて一本一本植えた桜の木々は、 年々大きくなり、百花繚乱のさくらの花びらに包まれた美しい館へと成長をつづ けてまいります。